六時のおやつ

札幌発 朝夕どちらか六時に更新予定ですが日により2回おやつがあったり何もなかったりと無節操なブログです。

苦手な人にはきついケムシ

camera: SONY α7RⅣ lens: LAOWA 60mm F2.8 2x Ultra Macro 昨日はイモムシだったので今日はケムシで! 札幌の気温は朝8℃位で日中でも14℃位と寒くなってきました。 昨日の散歩ではトンボ1匹にこの毛虫を見たくらいなのでいよいよ虫の撮影も限界か。 ※この記事…

苦手な方にはつらいイモムシ

camera: SONY α7RⅣ lens: SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS お好きな方は画像クリックで Flickr に飛んでください…結構な拡大画像で見られます camera: SONY α7RⅣ lens: SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS 調べましたが何の幼虫かは分かりませんでした camera: SO…

ナナホシテントウのお話し

camera: SONY α7RⅣ lens: SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS ナナホシテントウの寿命は2か月ほどらしい。秋に羽化したものは越冬するとのこと。 ナナホシテントウって触ると死んだふりするんだよね。そして黄色い液体を出すんだ。子供の頃によく触ってこの黄色…

カスミカメムシの仲間

camera: SONY α7RⅣ lens: SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS カスミカメムシの一種だと思うけど同定には至らず。体長5ミリもないような大きさで草の中に隠れていた。写真を撮ろうとすると裏に回る…の繰り返しで最初は蜘蛛かなと思ったがテスト撮影して拡大して…

久しぶりにナナホシテントウ! 健在で良かった!

camera: SONY α7RⅣ lens: SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS 以前にナナホシテントウの居場所を見つけ、いつ行ってもいるので楽しく撮影していたがある日を境にいなくなってしまい なかなか出会えずにいたが夏に大活躍していたノラニンジンの枯れた姿でも撮ろう…

雪虫(トドノネオオワタムシ)

camera: SONY α7RⅣ lens: SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS 今年の初雪虫は10/7(木)に遭遇し昨年より2日早かった! 昨日(10/13)も数匹飛んでいたので葉に止まるのを確認しマクロで撮影してみた。 camera: SONY α7RⅣ lens: SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS 雪…

スコットカメムシ

camera: SONY α7RⅣ lens: SIGMA 65mm F2 DG DN Contemporary 1週間前に撮ったスコットカメムシ…これは越冬するカメムシなのでたまに見ます。 SIGMA 65mm F2をα7RⅣに付けて散歩中の信号待ちなんだけど長いんだよね。 ふと振り返るとこいつがいたので撮影した…

アシブトハナアブだけど太い脚が見えないよ

camera: SONY α7RⅣ lens: SIGMA 65mm F2 DG DN Contemporary アシブトハナアブに出会いました。僕の虫の撮影スタイルは〇〇を撮りに行くという感じではなく出会った虫を片っ端から撮っていくという言わば「出されたものは何でも食う」みたいな感じでしょうか…

セイヨウオオマルハナバチの背後から忍び寄るケブカスズメバチ

camera: SONY α7RⅣ lens: SIGMA 65mm F2 DG DN Contemporary シグマのレンズ65mm F2 DG DNを手に入れたので何かとろうと思うのですが どうしても虫に目が行きマクロ的な撮り方をしてしまう。 このレンズはマクロレンズではないので当然マクロのように寄れな…

今日もホソヒラタアブで

camera: SONY α7RⅣ lens: SIGMA 45mm F2.8 DG DN Contemporary さて、三回連続でのホソヒラタアブのご登場です。 三部作と言えば多少はカッコがいいのかもしれませんが ただ、しつこいだけという説もチラホラ… 三回目なので色は控えめに薄化粧で仕上げました…

ホソヒラタアブの出逢い

camera: SONY α7RⅣ lens: SIGMA 45mm F2.8 DG DN Contemporary 朝に投稿した記事の続編になる出逢いのシーンですが、左がメスで右のやや大きいのがオスです。 花があるので写真のイメージはぐーんと良くなり、いいタイミングでアブを捉えることが出来たと自…

シオンにホソヒラタアブがまっしぐら 名脇役のアリが守り立てる

camera: SONY α7RⅣ lens: SIGMA 45mm F2.8 DG DN Contemporary おニューのシグマの45mmでスナップ写真を撮るつもりでいたが、ついつい気になってしまうホソヒラタアブ…これは女の子ですよ! 見分け方は簡単でハエやアブは眼と眼の間が広いのがメスで狭いのが…

ホソヒラタアブがいた

camera: SONY α7RⅣ lens: SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS 昨日何かいるかなと思いキョロキョロと物色しているとホソヒラタアブがいた(男の子) アブ系は寒さに強いのか? 花の上に止まっているのを見ると嬉しくなった。 それにしてもいよいよ虫探しも難しく…

アキアカネが蜘蛛に…

camera: SONY α7RⅣ lens: SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS 最近すっかりトンボも見なくなってきた。今日アキアカネが2匹飛んでいるのを見た程度だ。寿命で死んでいくトンボや、こうやって命を落としていくトンボもいる…残酷なシーンではあるがカメラに収めて…

ヨモギハムシのやりなおし

camera: SONY α7RⅣ lens: LAOWA 60mm F2.8 2x Ultra Macro 7月に1度掲載した写真ですが撮影に出かけていない為ブログ放置になるよりはマシかと思いトリミングとレタッチをやり直して再掲載です。初のスクエアでトリミングしてみましたが昆虫にはなかなか合っ…

オニグモ捕食中

camera: SONY α7RⅣ lens: SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS オニグモが何かを捕食しているんだけどグルグル巻きでそれが何かは判別出来ないよね…この蜘蛛は家の軒先などに大きな巣をはり蜘蛛自体もかなり大きいけど豊平川河川敷で見るオニグモは小ぶりだなとい…

ハグロハバチの幼虫が元気にしています

camera: SONY α7RⅣ lens: SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS 先日もご紹介したハグロハバチの幼虫ですが今回は朝露に濡れてはいません。今頃幼虫で大丈夫なのかなと思い 面倒くさいけど調べたらこの後、土の中で蛹になり越冬するようです。冬の間はサナギになっ…

ネコハエトリがタマバエを捕獲

camera: SONY α7RⅣ lens: SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS ネコハエトリがタマバエを捕まえたようです(タマバエは見た目蚊のような虫)このネコハエトリはちょつと小さな個体で5mm程度。 ネコハエトリには最近結構出会っているが不思議とメスばかりでオス…

ムツボシオニグモ?(未同定)

camera: SONY α7RⅣ lens: SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS さてさて、虫の姿もめっきり減り散歩していても見つけるのはカメムシ、アリ、蜘蛛、ハエとわずかにアキアカネが飛んでいる程度となってきました。 ネコハエトリの姿を頻繁に見るようになり少しだけ楽…

モンキーなアリグモのメス

camera: SONY α7RⅣ lens: SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS 最近は老眼の僕にもな~んとなくこれはアリではなくアリグモじゃないかな?と勘が働くようになった気がする。 そう思いながらファインダーを覗き拡大するとやっぱりアリグモだった。いつもは素早く逃…

虫のマクロ撮影はハーフマクロでもOKです

camera: SONY α7RⅣ lens: Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical この画像はモデルが体長約8mmのネコハエトリ、レンズはフォクトレンダー マクロアポランター 65mm f2 (ハーマクロ)を使用している。 sonyの90mm等倍マクロやLAOWAの2倍マクロ…

ハバチの仲間(未同定)

camera: SONY α7RⅣ lens: SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS ハバチの仲間ですが未同定です。 ツマジロクロハバチに非常に近いのですが特徴的な胸部の白い斑が確認できないので分からず終いです。 ツマジロクロハバチの名前の由来は触覚の先端が白いことから来…

ハエだけどイカしてる奴…クモマトラフバエ

camera: SONY α7RⅣ lens: SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS 珍しいハエを写すことが出来た…初めて見たけれどクモマトラフバエと言うハエで背中の毛並みがハエらしからぬ黄金の輝きを見せている。 せっかくだからもっと色んな角度から写そうと思ったんだけどク…

ハグロハバチの幼虫がいました

camera: SONY α7RⅣ lens: Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical 朝露に濡れるハグロハバチの幼虫 camera: SONY α7RⅣ lens: Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical 日の出とともに散歩開始、半そでのTシャツで出かけたが寒くもなく…

ネコハエトリがウスリーハエトリを捕食中

camera: SONY α7RⅣ lens: Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical ネコハエトリがウスリーハエトリを捕食中 ネコハエトリは体長8mm ウスリーハエトリは4㎜程度なのでこう見ると体格差があるね camera: SONY α7RⅣ lens: Voigtlander MACRO APO-LAN…

黄金の糞バエと呼ばれるヒメフンバエ

camera: SONY α7RⅣ lens: SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS 幼虫は動物の糞の中で繁殖する お食事しながらご覧頂いている方にはすいません camera: SONY α7RⅣ lens: SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS オスは黄褐色で、メスは灰褐色とのことなので これはオスです…

睨みあい

camera: SONY α7RⅣ lens: SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS 最近ナナホシテントウのいる場所が分かったのでちょくちょく見に行っている…お目当てのアブラムシのところへ行きたいのだがクロヤマアリが行く手を阻む。 クロヤマアリからはこう見えているのだろう …

朝の散歩でカメムシふたつ

camera: SONY α7RⅣ lens: SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS 画像をクリックすると Flickr にて拡大画像が見られます 久しぶりにカメムシを見ました。 今年はもう見られないのかと思ってましたがまだいましたよ camera: SONY α7RⅣ lens: SONY FE 90mm F2.8 Macr…

まだ元気なドロノキハムシ

camera: SONY α7RⅣ lens: SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS 最近ドロノキハムシに2回遭遇した場所へ行ってみたら なんとまたいるではないか!! そうかこの間から見ているのは同じ個体だったのか・・・ 今シーズン最後の1匹が粘っているんだ…と感激した。 came…

コウカアブは通称「便所バチ」だそうだ

camera: SONY α7RⅣ lens: SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS 便所によく発生するので「便所バチ」の愛称がある。コウカは漢字で「後架」と書き、便所の意味である。 アメリカミズアブとよく似ているが、アメリカミズアブの方が触角が長い。アメリカミズアブが外…